マスク生活で口元や舌が弱っていませんか?
舌やお口の機能低下は体の不調にも関係しています。

こんにちは、受付の羽山です。
私たちの日常生活に大きく変化をもたらしたコロナウイルスとの戦いも早いもので
2年が経過しました。私たちは2年以上、毎日欠かさずにマスクを着用して外出
しているということになります。最初の頃はマスクに慣れず息苦しさを感じたり、
皆がマスクをつけている異様な光景に驚いたりした時もありましたが、今では
マスクをつけないと違和感を感じるまでになってしまいました。ここ数年でグッと
身近な存在になったマスクですが、実は歯並びを含む様々な体の不調に深く関係が
あることをご存知でしたか?
今回の特集では、マスク生活と口元の健康との関係についてお話しします。

もしかしたら弱っているかも…?現状セルフチェック

マスクで口元が覆われている今、口元への関心が薄れつつある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし今だからこそ、現状をきちんと把握してもう一度意識を見つめ直す良い機会にもなります。
以下の項目を見てみましょう。

  • 口がよく乾く
  • 滑舌が悪い
  • いびきやはぎしりをよくする
  • 二重顎やほうれい線が気になる

1つでも当てはまる場合、口呼吸の習慣があり、舌の機能が低下している可能性があるかもしれません。実は体の不調の約90%はお口、特に舌と関係があると言われているそうです。
なぜこのようなことがいえるのでしょうか。

舌の位置が体の不調と関係している?

実は体全体の骨、筋肉、臓器は「筋膜」というものに包まれながら繋がっていることが大きな理由
です。その繋がりを鉄道の路線に見立て、「アナトミートレイン」と名付けて提唱したトム・マイヤー
ズ氏は、12種類ある体の路線のうち、特に舌の筋肉を「ディープ・フロントライン(DFL)」と呼び
ました。
体のなかでさまざまな路線の電車が走っていることを想像してみてください。DFLの始発駅は足の
裏です。そこから膝の裏側へ行き骨盤の周辺(股間節や骨盤など)を通って脊椎に沿うようにして首
の後ろへと繋がっていきます。さらに今度は体の前側にある横隔膜へと繋がり、首の前側、舌骨など
を通り終着駅の下顎に至ります。体の情報は電車のように一方通行ではく、影響しあって情報を伝え
ています。身体の各部位が筋膜を通して繋がっていると、どこかに負担や無理がかかった時に、他の
路線がそれをかばおうとして他のあちこちにゆがみが出てきてしまうのです。
こうした情報伝達経路が体にあることを知ると、舌の機能の衰えが思わぬところで体の不調と関係
していることにも納得がいきますよね。

正しい舌の位置は姿勢から!

前章では、「アナトミー・トレイン」のDFLは、体の各部位が骨や筋膜を介して繋がりを持ってい
ると説明しました。それに加え、実は舌の筋肉は姿勢を正しく支えるために重要とされている骨盤周
辺インナーマッスルとも繋がっており、この筋肉が弱ってしまうと骨盤の位置が正しく保てなくなっ
てしまい、ぽっこりお腹や反り腰を助長してしまうのです。舌の位置だけに集中するだけでは、根本
的な改善は期待できなくなってしまいます。当院で行っているMFT指導では正しい舌の位置(スポッ
ト)へ意識的に当てることを意識したり、タングアップトレーニング等を行なっていますが、それだ
けでは大きな効果を得るまでに時間がかかることになる場合も少なくはありません。舌の位置を正し
く保つには、全身の繋がりを意識した上で正しい姿勢でいることが大切です。正しい姿勢が何なのか
よくわからないという方は一度、当院で行っている姿勢指導を受けてみるのも効果的です。舌の機能
を上げるためにはまず姿勢から変えていくことが何よりの近道だといえるでしょう。

マスクの下も笑顔でいられる姿勢と呼吸で!

舌が正しく機能していないと、実は正しい呼吸もできなくなっています。試しに、口を開けた状態と
閉じた状態でそれぞれ鼻呼吸をしてみてください。どちらの方が呼吸しやすいですか?
口を開けていると鼻呼吸がしづらくなってしまうため、私たちは無意識に口呼吸へ逃げてしまいます。
舌は呼吸筋の一部であり、DFLでも舌は横隔膜と繋がっています。舌がうまく機能しないと、深い呼吸
ができていないのです。しかしながら、ちょっとした意識の変化で舌の機能は確実に向上していきま
す。スキマ時間などで、マスクをつけたままできる範囲で舌を動かしてみたり、リフレッシュ感覚で姿
勢を正したり、口を閉じて鼻呼吸を心がけたりしてみてください。体の内側が整うと、変化が外見にも
現れていきます。しっかりと舌が機能するようになるとインナーマッスルがきちんと骨盤を支えられる
ようになっていくため、体のゆがみも戻り、体型にも良い影響があるということです。さらには舌圧が
戻って下顎が正しい位置に戻ることで、舌の重みでたるんでいたお顔も引き締まっていくなど、舌の機
能が及ぼす良い影響は数多く存在します。正しい姿勢・正しい呼吸は舌だけでなく、全身の健康にも効
果的なのです。
今よりもっと健康な体でマスクを外せる時が来るように、まずは“意識”を変えることから一緒に始めて
いきましょう!

〈参考文献〉

『舌圧トレーニングで免疫力が上がる!健康になる!』元島道信著 主婦の友社
『免疫力を上げ自律神経を整える 舌トレ』今井一彰著 かんき出版刊
『なるほど呼吸学』今井一彰著 少年写真新聞社