治療例紹介

Case124才女性

もともとの 歯並び 叢生 八重歯
抜歯    あり
治療期間 2016年 9月(24歳) ~2017年 1月(25歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 80万円
BEFORE
AFTER

治療前

叢生(歯のガタガタ)と八重歯が気になり来院。 上下の中間歯を抜歯し治療 をすることに。

治療中

エッジワイズ装置と歯科矯正用アンカースクリューも用いてスペースを閉じ、だんだんと噛み合 わせが良くなってきている。

治療後

キレイな歯並びになりました。

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※歯科矯正用アンカースクリューは脱落した場合は再埋入を行います。
※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料かかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case213才女性

もともとの 歯並び 矮小歯 欠損歯(転院症例)
抜歯    なし
治療期間 2013年 3月(13歳) -2017年 5月(17歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 48万円(転医のため)
BEFORE
AFTER

治療前

13歳の時に他医院にて上の歯の矮小歯 (もともと小さい歯)と下の歯の先天 欠損歯があり歯並びが気になるため治療を開始。エッジワイズ装置と歯科矯 正用アンカースクリューにて欠損部を 閉じ、矮小歯は本来の大きさになるよ うに、スペースを確保する計画で治療 開始していた。

治療中

当院に来院。(2016年8月 16歳)スク リューの脱落やワイヤーの反作用で上 下の中心線が一致しなくなっている。 また、治療期間は長期化している。

治療後

矮小歯は予定どおり形態修正しました が、欠損部に関しては患者様と治療方 針のデメリットや今後の治療期間につ いて一緒にご相談し、治療後に補綴的 治療することにしました。 当院では9ヶ月後に治療を終了し、綺麗な歯並びになりました!!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case37才女性

もともとの歯並び 開咬
抜歯    なし
治療期間 2007年 4月( 7歳) 〜2015年 4月(15歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 70万円
BEFORE
AFTER

治療前

開咬が気になり来院。1期治療は舌癖もあったので、機能的矯正装置(トレー ナー)と筋機能訓練(MFT)にて治療 を開始。その後、成長により下顎前突傾向と上顎の歯列が狭くなり、フェイ シャルマスクとクワドヘリックスにて歯列拡大としました。

治療中

2期治療の開始前までには歯列も広がり、前歯の噛み合わせもよくなってきている。2期治療はまだ前歯噛み合わせが浅いため、エッジワイズ装置を使用し非抜歯で治療することに。

治療後

治療が終わっても、開咬の場合は後戻りも心配されます。引き続きMFTは大切です!2期治療は1年7ヶ月で終了で した!!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case420才女性

もともとの 歯並び 下顎前突
抜歯    あり
治療期間 2012年 12月 (20歳)〜2015年 8月(22歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 保険治療のため治療内容によって異なります
BEFORE
AFTER

治療前

受け口と顎のズレが気になり来院。骨格の問題が反対咬合の原因のため外科的矯正治療となった。(保険診療適用)

術前

エッジワイズ装置と上の中間歯を抜歯して治療。手術前までは上下それぞれの歯槽骨にあわせて歯の配列を行うため、一 時的に噛み合わせは悪くなります。

術後

術後には反対咬合は改善し、これから 約6ヶ月~1年かけて術後の治療を行います。術後には口が開けづらいこともあり、開口訓練を行います。

治療後

口唇も閉じやすくなり、良好な噛み合わせを獲得できました!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case519才女性

もともとの歯並び 上顎前突 歯列狭窄
抜歯    なし
治療期間 2016年 5月(19歳) ~2017年11月(32歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 85万円
BEFORE
AFTER

治療前

歯並びが気になり来院。歯列が狭く、噛み合わせも深い状態でした。(過蓋咬合)

治療中

上にクワドヘリックス装置、下にバイヘリックス装置にて歯列 拡大を行い、その後にエッジワイズ装置にて非抜歯で全体の歯並び を良くすることに。

治療後

歯列を拡大したことで、前歯の歯軸のバランスも前に出ないように治療が出来ました。治療期間も1年2ヶ月で終了しました。

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case630才男性

もともとの 歯並び 上顎前突 (出っ歯)
抜歯    あり
治療期間 2013年 7月(30歳) 〜2016年 2月(32歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 80万円
BEFORE
AFTER

治療前

出っ歯、歯並びは悪いことで来院。上顎前突と叢生、噛み合わせが深いことが問題。このまま並べても上顎前突のままなので、上のみ抜歯を行い治療することに。

治療中

治療途中。抜歯スペースのクローズと噛み合わせが深くならないように調整 中。

治療後

歯並びと噛み合わせが改善し、現在は保定装置(後戻りを防止する装置)にてキレイな歯並びのままに!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case726才女性

もともとの 歯並び 叢生 正中のズレ
抜歯    あり
治療期間 2015年12月(26歳)〜2018年 1月(28歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 85万円
BEFORE
AFTER

治療前

歯のガタガタが気になり来院。奥歯の位置や上下の中心線が一致していないため、中間歯の抜歯を行い治療するこ ととなった。歯槽骨の中に歯は収まりきれず、前歯には歯肉退縮がある。

治療中

抜歯を行い、奥歯の位置や正中のズレを顎間ゴムにて改善途中。

治療後

抜歯を行い、患者さんの治療協力もよく、奥歯の位置や上下の中心線も一致した。歯槽骨の中に歯が配列され歯肉 退縮も改善しすっかり綺麗な口元に!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※費用に関してはこの他に処置費、衛生指導料がかかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。

Case841才女性

もともとの 歯並び 反対咬合 (受け口)
抜歯    あり
治療期間 2013年10月(41歳) 〜2016年 7月(44歳)
治療治療費(処置費、衛生指導料は別) 保険治療のため治療内容によって異なります。
BEFORE
AFTER
7

治療前

受け口が気になり来院。 骨格の 問題が反対咬合の原因のため外科 的矯正治療となった。

術前

上顎の中間歯の抜歯を行い、術前にはそれぞれの歯列は綺麗に並ぶ。しかし、まだ骨格の問題はのこっている。

術後

外科手術で骨格の改善を行ったため、上下の歯の位置はすっかり良くなった。術後も半年から1年ぐらい調整を行う。

治療後

すっかり綺麗は歯並びになり、治 療前とは見違えるほどに!!

治療のリスク

歯の痛み:装置装着後、数時間後から7日間程度は痛みを感じることがあります。これは歯の移動に伴う正常な反応ですので心配ありません。 痛みは時間と共に消失していきます。痛みには個人差があり、痛みがひどい場合は鎮痛剤を服用していただきます。長期間痛みが持続 する場合はお申し出ください。

治療期間:歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。また、治療期間は患者様の協力によっても変わります。

後戻り:治療後、歯は元の状態に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後に取り外しのできる保定装置で後戻りを最小限に抑えます。

※詳しい内容は「外科矯正」をご参照ください。
※費用に関しては顎変形症のため保険診療のため30万円前後かかります。
※矯正治療のリスクに関しては「矯正治療のリスクについて」をご参照ください。