矯正治療で歯を削る? 歯のサイズ調整(IPR)ディスキングについて

診断時や治療中にこのキーワードを聞かれる方も多いと思います。IPRってなんのこと?なぜ必要なの?どんなことするの?など詳しくお話ししていこうと思います。

歯科医師:清水

● IPRとは

IPR (Interproximal Enamel Reduction) とは隣在⻭ (Interproximal)のエナメル質(Enamel)の削減、削合 (Reduction)のことで、⻭と⻭の間にスペース(隙 間)を作ることです。
実際のエナメル質の厚みが1~2mmなのですが、その 約1/3程度(片側約0.5mm)の範囲で削っていきま す。削ってもエナメル質の範囲なので⻭がしみたり、 虫⻭になったりなどの心配はありません。 また、IPRは「ディスキング」や「ストリッピング」 とも言います。

● IPRってどんな時にするの?

ブラックトライアングルを減少および改善する

⻭周病による⻭槽骨の吸収や⻭肉退縮、もともと の⻭冠形態の問題によるブラックトライアングル (暗い三角の隙間)をIPRにて小さくしたり改善 することができます

上下の⻭の大きさのバランスを改善する

実はきれいな噛み合わせを作る上で適正な⻭の大きさのバランスというのは決まっています。 そのため、上の⻭(あるいは下の⻭)が大きい場合、IPRを用いて大きい⻭を小さくし、 大きさのバランスを整えます。

なぜブラックトライアングルができるの?

ブラッシング不良により⻭周炎になってしまう と⻭肉の炎症や⻭槽骨の吸収がおこり⻭肉退縮 してしまいます。 ⻭と⻭の間の⻭間乳頭部の⻭肉退縮が起きれ ば、⻭の大きさはもともと変わらないので、 ブラックトライアングルが起きやすくなりま す。また、⻭の形態が三角形の方や⻭肉の厚さ がもともと薄い人はよりブラックトライアング ルが生じやすくなります。

上下顎前歯の傾斜を改善する

前⻭の唇側傾斜が強い場合に、口元の突出感が強くなります。IPRをによって隙間をつくり、 その隙間を閉じることで前⻭を舌側に傾斜させ、口元の突出感を改善させることがあります。 (※IPRの量には限度があります)

治療後の歯の後戻りを防止

IPRを行うと、隣同士の⻭が点で接触していたのが面で接触するようになり、接触面積が増えて しっかりと支え合えるので、矯正治療後の後戻りの予防に役立つと言われています。

IPRのメリット

✿ スペースを作ることで⻭並びを良くできる
✿ 上下の⻭の大きさのバランスを改善する
✿ ブラックトライアングルを改善する
✿ 上下顎前⻭の傾斜を改善する
✿ 治療後の⻭の後戻りを防止する

IPRのデメリット

✿ ⻭を削る
✿ 作れるスペースの量は限られている
✿ ⻭肉保護と削りすぎ防止のためにウエッジで
⻭間分離を行うので圧迫により痛みが生じる
✿ 治療中は⻭肉に近いところまで処置を行う
ため⻭肉炎がある場合、出血や⻭肉に痛みが生じやすい

IPRの手順



診断時や治療中にこのキーワードを聞かれる方も多いと思います。IPRってなんのこと?なぜ必要なの?どんなことするの?など詳しくお話ししていこうと思います。

歯科医師:清水

● IPRとは

IPR (Interproximal Enamel Reduction) とは隣在⻭ (Interproximal)のエナメル質(Enamel)の削減、削合 (Reduction)のことで、⻭と⻭の間にスペース(隙 間)を作ることです。
実際のエナメル質の厚みが1~2mmなのですが、その 約1/3程度(片側約0.5mm)の範囲で削っていきま す。削ってもエナメル質の範囲なので⻭がしみたり、 虫⻭になったりなどの心配はありません。 また、IPRは「ディスキング」や「ストリッピング」 とも言います。

● IPRってどんな時にするの?

ブラックトライアングルを減少および改善する

⻭周病による⻭槽骨の吸収や⻭肉退縮、もともと の⻭冠形態の問題によるブラックトライアングル (暗い三角の隙間)をIPRにて小さくしたり改善 することができます

上下の⻭の大きさのバランスを改善する

実はきれいな噛み合わせを作る上で適正な⻭の大きさのバランスというのは決まっています。 そのため、上の⻭(あるいは下の⻭)が大きい場合、IPRを用いて大きい⻭を小さくし、 大きさのバランスを整えます。

なぜブラックトライアングルができるの?

ブラッシング不良により⻭周炎になってしまう と⻭肉の炎症や⻭槽骨の吸収がおこり⻭肉退縮 してしまいます。 ⻭と⻭の間の⻭間乳頭部の⻭肉退縮が起きれ ば、⻭の大きさはもともと変わらないので、 ブラックトライアングルが起きやすくなりま す。また、⻭の形態が三角形の方や⻭肉の厚さ がもともと薄い人はよりブラックトライアング ルが生じやすくなります。

上下顎前歯の傾斜を改善する

前⻭の唇側傾斜が強い場合に、口元の突出感が強くなります。IPRをによって隙間をつくり、 その隙間を閉じることで前⻭を舌側に傾斜させ、口元の突出感を改善させることがあります。 (※IPRの量には限度があります)

治療後の歯の後戻りを防止

IPRを行うと、隣同士の⻭が点で接触していたのが面で接触するようになり、接触面積が増えて しっかりと支え合えるので、矯正治療後の後戻りの予防に役立つと言われています。

IPRのメリット

✿ スペースを作ることで⻭並びを良くできる
✿ 上下の⻭の大きさのバランスを改善する
✿ ブラックトライアングルを改善する
✿ 上下顎前⻭の傾斜を改善する
✿ 治療後の⻭の後戻りを防止する

IPRのデメリット

✿ ⻭を削る
✿ 作れるスペースの量は限られている
✿ ⻭肉保護と削りすぎ防止のためにウエッジで
⻭間分離を行うので圧迫により痛みが生じる
✿ 治療中は⻭肉に近いところまで処置を行う
ため⻭肉炎がある場合、出血や⻭肉に痛みが生じやすい

IPRの手順