ホーム > ふくふくだより > アンチエイジングとしての矯正治療

ふくふく便り

アンチエイジングとしての矯正治療

タグ: , ,

40代お口の健康に不安はありませんか?

こんにちは福増栄里子です。私は今年52歳になります。
小中学生時期にむし歯の治療はしましたが、その後は20代で矯正治療を行った際に抜歯をした以外は、お口の健康状態は良好で、現在も自分でメンテナンス中です。
近年40代以降の患者さんが増えて来たのですが、その患者さん達にむし歯や歯周病による「歯の喪失」という共通傾向があり、皆さんにお知らせしたいと思い、特集記事を書く事にしました。

 アラフォーの皆さん、若い頃よりも歯並びが悪くなった気がする。
前歯がガタガタになって、前に出て来た。歯が長くなって来た、歯がしみる。
若い頃は気にならなかったこんな症状が出て来ていませんか?

40代以降だんだん体力や免疫力が衰えてくる年代ですが、お口の中もむし歯や歯周病リスクが高まり、歯を失うリスクが急激に高くなる事をご存知ですか?

そして、その原因には歯並びやかみ合わせの悪さが、長年の歪みとなって影響を与えている事を知っていますか?

さらに、歯科検診の習慣の無い方が多く、働き盛りで忙しいため、気づいた時には手遅れになりがちです。

当院にも 40代以上の患者さんは何人もいらっしゃいます。
治療を開始される理由としては、『むし歯や歯周病などで歯を失ってしまった。
今までも歯科治療を繰り返して来たが、今の歯並びでは補綴(入れ歯や差し歯、インプラント)が難しい。
これ以上歯を失いたくない!』 などの切実な理由で一般歯科から紹介されてくる方や、『歯の疾患で抜くことになった。
残った歯ですき間を詰めて並べられないか。』とか、『 歯並びは気になっていたが、余裕が無かった。
今からでも出来るなら、まだ人生長いのでキレイになりたい。』という前向きな方までいらっしゃいます。

矯正治療を受けた事で口元が若返りキレイになれます。
歯を失った部分は一般歯科との連携診療が必要ですが、補綴本数が減らせれば歯科医療費の削減にもなり、 歯の位置が改善されれば、力のバランスが良い補綴物が作れるようになるので、補綴物の寿命も延びます。
それだけでなく、しっかり咬めるかみ合わせと手入れのしやすい歯並びは、健康寿命も延ばしてくれます。

子供の矯正は考えたけど、今更自分の歯並びなんて!と思う方は多いと思います。
でも平均寿命が80才を越えた今、健康で楽しい生活を長く続けるには、美味しく食べられるキレイなお口こそ、自分と家族のために必要な物だと思いませんか。

福増矯正歯科では初診相談の際に歯並びの写真やアゴ全体のレントゲンも撮るので、自分のお口の状況をしっかり確認出来ますし、矯正専門医から歯並びやかみ合わせによるリスクの説明を受けられます。
もちろん一般歯科での治療が必要な場合は連携診療を行なっている歯科医院を紹介致します。
将来のリスクを少なくするためにも、まだ気になる症状が出ていない時に、検診を受けることをおすすめします。


こちらの文章を読んで気になった方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら >>