矯正治療の進み方 ~どんなふうに治っていくの?~

歯科医師 服部

矯正治療ってどんなふうに治すの?どんな装置が入るの?どのくらい期間がかかるの?など、治療を始めるにあたって色々な不安があると思います。治療例を見ていただくことで、少しでも不安が解消されたらと思います。

歯科医師 服部

11歳の女児で、上顎両側犬歯の萌出スペースがなく、下顎右側も小臼歯1本分の空隙がなく上下歯列の真ん中がずれていることを主訴に来院されました。この症例の治療前、治療中、治療後の写真を比較してこの治療について解説していきたいと思います。

矯正治療

骨格的には大きな問題はなく、歯列が狭いことによる叢生症例です。口呼吸や低位舌などが歯列狭窄の原因となっています。1期治療では、犬歯の萌出スペース確保のため、上顎歯列に急速拡大装置を、下顎にはマルチブラケットを使用しました。1期治療は1年かかりました。上下顎の歯列ともに広がっている様子が認められます。2期治療ではマルチブラケット装置により個々の歯牙の配列を行いました。治療時期が成長期であったので、大きな拡大をしましたが口元のバランスは変わらず、ゴム掛けにも協力的だったので2期治療も短期間(1年5ヶ月)で治療を終えることができました。