ホーム > ふくふくだより > 笑顔に自信ありますか?

ふくふく便り

笑顔に自信ありますか?

タグ: ,

こんにちは!皆さんいつも元気にハッピースマイルしてますか?福増矯正歯科では診断のために、笑顔の写真を撮っています。ですが、残念なことに、その時、うまく笑顔を作れない人がたくさんいらっしゃいます。せっかく美しい歯並びと口元を手に入れたのですから、笑顔に磨きをかけて、人生の『福が増す』ようにハッピースマイルしてみませんか?そこで今回は、誰にでも簡単にできるスマイルトレーニングをご紹介したいと思います。

 人の第一印象は6 秒で決まると言われています。良い笑顔の持ち主は、他人から「明るくて親しみやすい」「感じが良い」「優しそうだ」「たのしい」などと思われるだけではなく、「魅力的で美しい」として“美”の評価を高めることもできます。国際化の進んだ現代、日本人は何を考えているのかわからないという指摘があります。表情の乏しい顔、あいまいな返事や笑い、国際的にみればこうした日本人の自己表現の下手さが、しばしば誤解を生んでいます。自分を主張し、賛否をはっきりさせることがあたり前の欧米では、スマイルは成功のための絶対必要条件です。笑顔のいい人は成功し、よき友人を得て、人生を豊かにすることができます。言い換えれば、笑顔はスマイルパワーを生み、人間の運命や将来まで左右する力を持っているということです。さあ皆さんもスマイルトレーニングで笑顔をパワーアップしてみませんか!

(1)笑顔をイメージ

笑顔の作り方1

最初は鏡を見て色々な笑顔をしてみましょう。その中で自分の好きな笑顔を記憶します。

笑顔の作り方2

うまく笑顔が作れない場合は、前歯で割りばし等をくわえてみて下さい。そして、口角をはしよりも上に引き上げましょう。合わせて目元も笑顔を作ってみます。うまくできたらその笑顔を維持しながら割りばしを外します

(2)準備運動

トレーニングの効果を上げるには準備運動も必要です。口の周りの表情筋を柔らかくするために「ハ行」の発声練習を行ないます。

笑顔の作り方3

(3)笑顔を変化させる練習

まずは大きく深呼吸してリラックスした微笑を作ってみましょう。次に小さな笑顔、中くらいの笑顔、大きな笑顔も作ってみます。そしてリラックスした顔から大きい笑顔へ、また逆に大きい笑顔からリラックスした顔へと変化させる練習をします。

笑顔の作り方4

(4)笑顔を保つ練習

今度は「笑顔を保つ練習」です。大きな笑顔を作ったら、口角を人さし指で固定し、戻ろうとする筋肉の動きに抵抗し、10 秒間は笑顔が保てるようにしましょう。同様に中・小の笑顔で行い、最後に口角を人さし指で固定したまま、思いっきり唇をすぼめます。

笑顔の作り方5

(5)笑顔を作る練習

次は「笑顔を作る練習」です。自分では笑顔を作らないで、小さな笑顔の位置まで人さし指で口角をゆっくり上に引き上げます。10 秒続けたらもとに戻して深呼吸。同様に中・大の笑顔で行います。顔に指を当てて筋肉の動きを確認することも大切です。そして最後に深呼吸を行ないリラックスします。

笑顔の作り方6

このスマイルトレーニングを毎日3 分程度、反復練習を行ないます。3週間も続ければ自然に美しい笑顔がこぼれるようになるでしょう。

いかがでしたか?笑顔は健康にも重要で、呼吸機能や消化機能を良くし、免疫力を高めて身体を活性化させていくそうです。(日本笑い学会なんていう、笑いが身体や文化に与える効果を研究発表する学界もあるんですよ!)ほんと、笑顔は誰にでもできて、お金のかからない最高の健康法ですね。また精神面でも、良い笑顔をすることは、他人に対する思いやりを育てることであり、ひいては心の持ち方、あり方にも及びます。まさに、『笑う門には福来る』ですよね!さあ、あなたも「レッツ、ハッピースマイル!!」


こちらの文章を読んで気になった方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら >>