ホーム > ふくふくだより > 歯と顎の使い過ぎ!TCH(歯列接触癖)について

ふくふく便り

歯と顎の使い過ぎ!TCH(歯列接触癖)について

タグ: ,

「Tooth Contacting Habit」歯牙接触癖について

「Tooth Contacting Habit」って何?

「Tooth Contacting Habit (TCH)」とは「 歯列接触癖」の略で、上下の歯を”持続的に” 接触させる癖のことをいいます。皆さんの中には通常、上下の歯が接触しているのが当たり前!と思っている方もいるかもしれませんが、実は違うのです!
また、上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみ締め」や「食いしばり」「歯ぎしり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際にはグッと強い力で、かみ締めや食いしばりを行わなくても、上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労は生じています。
今回は意外と自覚していないTCHについて特集してみました。

TCHがあるとどうなるの?

皆さんは上下の歯が接触しているのは1日どのくらいか知っていますか?
通常、何もしていない時は上下の歯は接触しておらず、離れており、会話や食事をする際に接触するだけで、接触している時間の合計は1日わずか17分程度が正常だと言われています。
普通の人は口を閉じていても、上下の歯の間には2~3mmの隙間があります。
これを安静位空隙と呼び、咀嚼筋(左図)は安静状態にあります。

咀嚼筋は安静状態でも筋肉の弱い活動電位があります。
上下の歯が接触すると、軽い接触でも咀嚼筋の活動が強まります。
そのため上下の歯の接触時間が長くなると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えてきます。
さらに筋肉疲労でこわばった顎は、就寝中にも無意識の「かみ締めや」「歯ぎしり」などの、より重篤な症状を起こすことがあり、起床時症状(顎の疲労感,歯の違和感,口が開きにくい)や、顎関節症、頭痛などTCHが様々な不定愁訴にも関わっている可能性が考えられています。

TCHはどんなときにしているの?

基本的には緊張している場面でTCHはおこります。

  • 一時的に生じる精神的緊張(精神的ストレス)
  • 習慣化した作業で集中するとき(パソコン)
  • 精密作業
  • 家事(そうじ・料理)
  • テレビ、コンピューターゲーム
このように日常のよくある行動の中でTCHは生じるのです。

TCHあるかどうかチェックするには

  • 舌の先端あるいは周縁部に歯の圧痕がある
  • 頬粘膜に咬合線がある
  • 唇と上下の歯を別々に動かすことが困難

例:唇を閉じて咬合する。この状態から上下の歯を離開すると、同時に唇も離開してしまう。
例:唇も上下の歯列も離開している状態から上下の歯を接触すると、同時に唇も閉じてしまう。

*このような症状がある場合はTCHの可能性があります。

TCHの口腔内の影響は?

  • 歯の慢性咬合痛
  • 歯周病の悪化
  • 充填物や補綴物の脱離
  • 歯冠破折
  • 慢性的な口内炎
  • 咬合の違和感
  • 舌や頬粘膜の誤咬
  • 舌痛症
  • 義歯性疼痛

矯正治療への影響

  • 咬み合わせが深くなる
  • 前歯の凸凹が出やすい
  • 矯正治療中に歯が動きにくい
  • ブラケット脱離の原因
  • 装置破折の原因
  • 歯根吸収の要因になる
  • 矯正時の痛みの増加

TCHをコントロール(是正)するにはどうしたらよい?

~触れたら離す、の習慣化だけで直る~

STEP 1:自分で歯が接触すると咀嚼筋が活動することを認識しましょう!(図1)

STEP 2:家や職場に「歯を話す」「力を抜く」などと書いたメモ(リマインダー)を多数貼る。(図2)

STEP 3:歯が接触すると離す癖を作る。気づくことにより、最終的には歯が接触すると条件反射で、無意識に離開させるようになる。

顎関節症もTCHのコントロールで治す

顎関節症とは①顎関節や咀嚼筋の疼痛、②関節雑音、③開口障害ないし顎運動異常の3大症候のうち、少なくとも1つ以上を有すると顎関節症と診断されます。しかし、口が空き(35mm以上)、痛みも「軽度」であれば治療の対象ではなく経過観察をするのが原則です。                (日本補綴歯科学会 「顎関節症に関するガイドライン」より)

顎関節症で治療が必要になった場合には、顎関節部の負担を軽減するため、薬物療法、スプリント療法、外科療法、運動療法、理学療法、セルフコントロール、などを行います。
そこで今回の参考文献の著者である木野孔司先生は、顎関節症患者の中でも特にTCHのある患者に対して、TCHの是正訓練を行ったところ、長期間にわたって顎関節症の痛みに悩んでいた多くの人が、痛みの改善を得ることができたと書かれていました。

このように、過度な緊張やストレス、家事などさまさまな場面でTCHはおこるので、先ずはリマインダーを活用し、リラックスを意識する簡単なセルフコントロールがお勧めです!
また、適正な姿勢は円滑な咀嚼が行いやすくなるので、顎や首、口の周りの筋肉バランスをとりますが、猫背などの悪い姿勢は咀嚼筋などの顎や首、口の周りの筋肉ストレスを起こすので(図4)、日常生活での姿勢の改善も大切です!
セルフコントロールでも顎関節症、肩こり、首こりが軽減しない場合は・・・リラクゼーションサロン「Cheer」にご相談下さい。
ウェブデーサーの近赤外線効果で血行を良くして、筋肉の緊張をほぐす理学療法がお勧めです。
顎関節部に違和感を感じた患者さんの多くに好評をいただいています。


こちらの文章を読んで気になった方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら >>