ホーム > ふくふくだより > 予防歯科 Q&A

ふくふく便り

予防歯科 Q&A

タグ: ,

皆さんは、「矯正治療でどうして歯が動くのだろう?」と思ったことはありませんか?そこで今回は歯の動くメカニズムと骨について知っていただこうと思います。

虫歯について…

乳歯がむし歯になりやすいというのは本当?
本当です!
乳歯には歯の表面の層が永久歯の約半分しかありません。歯を形作っている組織の密度も低く、未熟な状態です。ですから、むし歯菌がつくった酸に長時間さらされると、あっという間にむし歯になってしまい、どんどん進行してしまいます。さらに乳歯は知覚が鈍いので、むし歯になってもあまり痛みを感じません。定期的に歯科検診を受けて、むし歯がないかチェックすることが大切です。
1日に何回ハミガキすれば良いの?食後すぐ?
理想は毎食後です。ですが歯磨きは回数よりも、きちんとプラークを落とすことが大切です。1日に何回磨いても、適当に表面だけとか、いいかげんな磨き方をしていれば、むし歯になるのも時間の問題です。プラークは、作られ始める最初の8時間くらいまでは、歯磨きで比較的簡単に落とせます。ところがこれ以降、48時間くらいの間に歯垢の中に住みつく細菌が爆発的に増え続けます。そして、細菌同士が複雑に絡み合って、落としにくくなるのです。毎食、もしくはおやつなど何かを食べたら歯を磨くというのが理想ですが、なかなかそうもいかない ときもあると思います。そうしたときは、最低でも「食後8時間以内」にきちんと歯磨きをして汚れを落とす必要があります。

食生活について…

ジュースは歯に良くないと聞くけど100%のジュースやカロリー0なら安心?
炭酸飲料やスポーツドリンクなどジュース類には多くの糖分が含まれていて虫歯の リスクが上がってしまうというのはよく聞くと思います。また、果汁100%のジュース だから安心かというと、果汁にも果糖などの糖類は含まれています。 また、「無糖」「カロリー0」などと表示されている物には、人口の甘味料が含まれている物もあり ます。中にはむし歯菌が酸をつくるオリゴ糖やでんぷんなどを含んでいるものや、酸味に使われるク エン酸や炭酸、ビタミンC(アスコルビン酸)は口腔内のPHを下げるため、頻繁な摂取は酸蝕症などの 原因にもなります。シュガーレスの表示があっても「飲み方に注意」が必要です。
アルコールは殺菌消毒作用があるけど、お酒を飲むことでお口の中も殺菌できるの?
A,アルコールで効果的に殺菌できる濃度は60~95%なので、だいたいのお酒は アルコール濃度が足りません。度数の高いお酒(スピリタス:96度など)もあります が、お口の中の粘膜が荒れてしまうのでおすすめはできません。 そしてお酒にも糖分が入っています。飲んだ後に磨かずにそのまま寝てしまった りしてもむし歯になるので気を付けてください!

フッ素について…

フッ素を塗るとむし歯にならないって本当?
フッ素を塗っただけでむし歯にならないわけではないです! フッ素を歯に塗ると、歯のエナメル質と結合して歯質を強化し、 酸に強くなるのでむし歯を予防することができます。 ただ、フッ素でむし歯菌を殺すことはできません。むし歯予防の 基本は、あくまでも歯磨きと食生活のコントロールです。フッ素 だけに頼ることは禁物です。
フッ素洗口とフッ素歯磨き粉などいろいろ使用しても体に害はないの?安全?
大丈夫です!日本は水道水フッ素化やフッ素錠剤などのフッ素の全身応用が行われていないので、 フッ素を組み合わせて使用することが効果的で、中毒の心配はありません。 フッ素は自然界に存在する物質で、ミネラルの一種です。お茶の葉や 魚介類などに多く含まれています。塗ったり、うがいをしたりなど 通常に使用している最中になめたり飲んだりしても問題はありません。

キシリトールについて…

何歳からキシリトールをとったらいい?
歯がはえてキシリトール製品が利用できるなら、可能な限り早い時期にはじめることをおすす めします。また、歯がはえてくる前にキシリトールを使うことも、歯の健康にとって良い環境の中 に、歯がはえてくることになるので良いことです。
市販されているガムと歯科医院で売られているガムの違いは?
歯科専用は、市販のものに比べて、より歯やお口の健康を考えて作られているため、1粒あたりの ガムの大きさが約2倍になっていたり、甘味料がキシリトール100%のもの、ガムを硬くして噛みご たえを高めているもの、入れ歯や矯正装置にくっつきにくくしているもの、歯の再石灰化促進成分が 多く含まれているものなどがあります。 市販されているキシリトールガムには”1回に2粒を5分噛み1日7回を目安に1週間続けると効果 的”と表示されていたりします。少し多く感じますよね。市販されているガムは1粒あたりに含まれる キシリトールの含有量が歯科専用よりも少なく、ガム自体の大きさも小さい物が多いようです。 そのためガムに含まれているキシリトール量などを考えるとこのぐらい噛むのが理想なのです。 ですから、実はガムの価格も、1粒あたりのキシリトール量などから考えると市販品の方が歯科用よ りも高い事になります。歯科専用のキシリトール100%ガムなら1日3~5粒くらいでOKです!

こちらの文章を読んで気になった方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら >>