ホーム >院長ブログ > Rainer Schmelzeisen教授の接待

ニュース

Rainer Schmelzeisen教授の接待

2013年10月18日

最近、ブログを書く暇がなくさぼっているので久々に記します。 日本大学口腔外科の外木教授の依頼でドイツの著名なSchmelzeisen教授を日本で飛行機に乗せて欲しいとの依頼がありました。 今回、教授は福岡での日本口腔外科学会(私は出席してない)で特別講演で来日し10月13日には学会が終わり、13日の夜に会合のため大阪に来るとのことでした。14日はFreeなので是非、日本の空を飛びたいとの事でした。外木教授もSchmelzeisen教授もともにパイロットで気持ちはよくわかるので、そこで13日に私は大阪(八尾)まで飛び、翌日の14日に6名の乗せて調布に帰ってきました。教授が色々な空港に着陸してみたいとのことで、八尾~神戸~名古屋~静岡~大島~調布の1日5Leg(5回の離着陸)で疲れました。各駅停車で帰ってきたようなものです。 外木教授もテレビにもよく出る有名な口腔外科医ですが、Schmelzeisen教授も著書も多く、かなり有名な方のようです。しかし非常に気さくで、私と色々な冗談を飛ばし合って、1日とても楽しくすごしました。そのあと横浜まで来て頂きタイクーンで夕食をとりました。ローズホテルに泊まって、翌日、当院に見学に来ていただきました。 ところで、我々が大島に着陸して三原山に登って降りた西側の登山道で降りてきたのですが、その道が15日~16日の台風の雨の影響で土砂崩れをおこし、多くの人が亡くなった事をニュースで知り驚きました。ご冥福をお祈りいたします。 DSC00731 Rainer FOC
3