ホーム >院長ブログ > 福増家イタリア紀行1

ニュース

福増家イタリア紀行1

2018年02月17日

前回の「あたしんち」で書きましたが、娘に「正月休みにお父さんお母さんがイタリア に行っちゃったら私はどこへ行くかわからない」と脅されたので、家族全員でメルロー 先生の結婚式に出席するためイタリアに行くことにしました。子供が小さい時にアメリ カ矯正歯科学会や台湾矯正歯科学会にスタッフと一緒につれて行ったことはありました が、今回は家族だけの初めての海外旅行、しかもヨーロッパは全員初めてです。

長男は旅行に全く興味なかったのですが、イタリアはスーパーカーのメッカ、 車好きの長男も「ランボルギーニ博物館に行けるなら」ということで、一緒に 行くことに。そこで家族4人のイタリア旅行計画を立てました。 私がアリタリア航空のチケットとシシリアのレンタカーを予約。家内がホテル とその他、現地ツアーの手配と列車の切符を予約しました。

12/31の夜にローマにつき大晦日はレストランもお休みで結局、ルームサービス で食事。年越しの花火や爆竹がうるさくて驚きました。
1/1 元旦は娘がiPadで先導してローマ市内見学、最初に地下鉄の切符を買うのに券売機が故障しているのがわからずかなり苦労したりしましたが、2万歩近く歩き名所を見学しました。写真やテ レビで見たことのある遺跡でしたが実際にみるとその大きさに圧巻!!これが紀元前に作られていたと思うとローマ 帝国の偉大さに感動するとともに、弥生土器を作って喜んでいる場合でないと思いました。

1/2は朝からイタリア版の新幹線イタロで家内と娘はフィレンツェに、フィレンツェでは現地ガイドを頼み1日中歩き まわったそうです。私と息子はボローニアまで行きイタリア人でしたが英語のできる現地ツアーのドライバーとラン ボルギーニ博物館、フェラーリ博物館、ドカッティ博物館を見学しました。ランボルギーニはスーパーカーの歴史、 フェラーリはレースカーの歴史って感じでした。ドカッティはそもそも電気メーカーでのちにオートバイを作ったそ うです。その日の夜はローマに戻り、インド料理屋でインド人やマレーシア人と友人になり楽しい夕食でした。

1/3は午前中バチカンをガイドに案内してもらいました。全部見るのに1週間かかるといわれ ているのを半日で回ったのでダイジェスト版のバチカン観光でしたが、歴史的背景やいろいろ な蘊蓄のある話も聞けてとても勉強になりました。ダン・ブラウンの「天使と悪魔」を読んで 映画も見ていたので、現地の風景に感動しました。法皇を決める選挙コンクラーベは決まるま で全員バチカンに缶詰になると聞き、まさしく「こんくらべ」と思いました。午後2時には列車で空港に行き、シシリアのカターニア空港に向かいました。

予定どうり名所観光はできたのですが、食事メニューが文字のみで、 イタリア語は読めないため、期待していたほど美味しいものが食べら れなかったのが少々残念でした。長男は選ぶのがめんどうだと言って、フードコートでラー メンを注文していました。日本のラーメンに比べて高いし量も少なかったのですが、慣れた 味なためか、他のイタメシよりも美味しく感じました。 次回はいよいよシシリア訪問~結婚式~タオルミナ観光について記します。 福増一浩

3