ホーム 矯正治療について > 大人の矯正

大人の矯正


「大人の歯って矯正しづらそう」というイメージを抱いていらっしゃる方も多いかと思います。
しかし、大人になってからの治療にもいい点はたくさんあります。
健康な歯並びで、もっと快適な暮らしを手に入れましょう。


大人と子どもの矯正歯科治療法の違い

大人と子どもでは、治療方法に大きな違いがあります。 顎の成長がまだ発育段階にある子どもの場合、矯正歯科治療はその成長発育を促したり、抑制したりしながら正しい方向にリードして、 歯と顎を自然で理想的な位置に調整しながら進めていきます。 子どもの治療期間が「第Ι期」と「第ΙΙ期」に分かれ、治療期間も数年にわたるのはそのためです。

一方、すでに成長発育が止まっている大人の場合は、顎の大きさが完成しているため、それをベ-スに治療を行います。 そのため、顎の大きさに対して歯が並びきらずデコボコしている場合や、歯列が出ている場合などには、歯を抜いて(第一小臼歯を抜くことが多い)、 抜いたスペースを埋めるようにキレイに並び替えたり、前歯を後ろに下げたりします。

大人の治療ってやっかいだと思われる方も多いと思いますが、大人になってからの治療にもいい点はあるのです。 それは、治療期間が2期に分かれないため、子どもに比べると短期集中的に治療が進む、ということです。 また、大人の場合はどうしても治したいという気持ちが強く、自分の意思で治療を始める人が多いので、結果的に治療がスムーズに行われやすいのです。

いづれにしても、大切なのは、治療を受ける本人の強い意志と希望です。 通院をサボらない、歯みがきをキチンとする、指示された装置を毎日マジメにつける・・・等々、 矯正歯科治療は先生と患者の二人三脚がうまくいってはじめて、ゴールにたどり着けることを忘れずに!

DAMON ブラケット

■『デーモンブラケット』は今までのブラケットに比べて ・・・
・歯の痛みが少ない
・歯が速く動く
・歯みがきがしやすい
・歯周組織に優しい

 

扉を開け閉めする独特なメカニズムによってワイヤーを固定するので、ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗が少なくなります。そのため余分な力を加えずに歯を動かすことが出来ます。ブラケットの特性を活かすため、弱い力のワイヤーを使用し、舌や口唇の力も利用して歯を動かすので、 歯根周囲の圧迫が少なく血流が阻害されません。そのため新陳代謝が進みやすくなります。 このように歯周組織に優しいブラケットなので、歯の痛みが少なく、歯も速く動くそうです。

デーモン

■デーモンブラケットは次のような患者さんに向いています。
・成人の方
・忙しくて来院間隔が開きがちな方
・面長な顔だちの方
・鼻炎がなく、鼻呼吸が可能な方

インビザライン

■インビザラインとは?
不正咬合を治療する患者さんのために診断と治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される一連の矯正装置です。

■その特徴は??
・透明感があり、装着していても目立ちません
・食事や清掃時に取り外し可能です
・歯列にそった形の、薄い装置なので、装着による舌や 口唇の違和感は、他の装置に比べ少ないです

インビザライン

■インビザラインは次のような患者さんに向いています。
・永久歯が生えそろっている方
・補綴歯 (修復歯) が少ない方
・歯冠高径が高い方
・目立たない装置を希望される方
・骨格的なズレが少ない方
・非抜歯治療の方

通常の矯正装置(ブラケット)に比べると歯の移動や、 コントロールに限界があるので、『インビザライン』 だけで改善できる歯並びには限界があります。それでもブラケットと併用すれば治療できる範囲も広がり、ブラケットを使用する期間も短くてすみます。

外科矯正治療

■外科矯正治療とは??
顔面の骨格が、完璧にバランスがとれていると言う人はほとんどいません。
若干のズレというのは、だれしもが持っています。
子どもの時期に矯正治療を行う場合、成長発育をコントロールすることにより、骨格バランスを改善することができます。
しかし、成長期を過ぎてしまうと骨格的なズレが大きい場合、歯並びの矯正治療だけでは噛み合わせの改善が難しい場合があります。
この場合、骨格のズレを改善するためには、外科矯正治療が適応となります。


治療前
上顎に対して下顎が、
左前方にズレています。
治療前
治療後
外科矯正によって骨格のバランスが改善し、
安定した歯並び、美しい口元が得られました。
治療後

■外科矯正治療は健康保険が適用されます
通常の矯正治療は自費診療となり、保険では出来ません。
ですが、唇顎口蓋裂などの先天性疾患や外科矯正治療の場合には、認定医療機関でのみ矯正治療を保険で行うことが出来ます。
もちろん口腔外科で行う外科矯正手術も、保険適用です。以前は大学病院などの入院設備を持つ、
ごく限られた医療機関でしか保険診療は認められていませんでした。
しかし平成9年より矯正専門医院など外科矯正の実績のある院には、認定制で保険診療ができるようになりました。
福増矯正歯科も平成10年に認可を受けています。
設定医院の数は横浜市でも40医院程度と少なく、医療広告には色々な規制があるため一般にはあまり知られていません。
そのため治療を諦めている人も多いようです。
噛み合わせの改善は口元を美しくバランスよく整えるだけでなく、しっかりと良く噛める歯並びを作ることで、
食べやすくなったり発音がはっきりしたりと、健康や生活の質を高めることができます。
ぜひ顎のズレに悩んでいる人がいたら教えてあげてください。

もっと知りたい!という方は

大人の矯正について、もっと知りたい方はこちら をご覧ください。